文字サイズ

松山ケンイチ 五輪ドラマ映画化熱望

ドラマの映画化を熱望した(左から)松山ケンイチと会見に出席した竹ノ内豊、黒木メイサ=テレビ朝日
3枚

 俳優の松山ケンイチ(28)が31日、都内で、俳優・竹野内豊(42)主演のテレビ朝日系2夜連続特別ドラマ「オリンピックの身代金」(11月30日、12月1日放送 後9・00)の制作発表に出席し、ドラマの映画化を熱望した。

 1964年の東京五輪を舞台にした人間ドラマには、主演の竹野内を始め、女優の黒木メイサ(25)らキャスト95人、エキストラ3058人が登場。国内外70カ所、2カ月半をかけ撮影した大がかりなドラマに松山は、「キャストが豪華で最高の作品。このドラマが映画になったら1800円で見ていただきたい」と猛アピールした。

 会見終盤には、最後の映画看板師・久保板観氏(72)が今回のドラマ用に手掛けた看板がお披露目された。映画看板をほうふつとさせる俳優陣そっくりの顔が並んだ傑作に松山は、「そっくり。やっぱり映画公開した方がいい」と、スクリーン公開を再度プッシュしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス