文字サイズ

馬場徹の“幻の女形”が話題に

「美しすぎる」と話題になった馬場徹の“幻の女形”(6月のパルコ劇場「早乙女太一“原点進化”」より)
3枚

 大衆演劇の若きスター、早乙女太一(21)との舞台共演が続く俳優・馬場徹(25)の評価がうなぎ上りだ。4月に東京・明治座で早乙女主演の舞台「神州天馬侠」に出演し、初共演。その後、早乙女に急きょ出演を打診された6月のパルコ劇場公演では、1公演のみで女形を披露したところ、反響を呼び、ツイッターなどインターネット上で「写真だけでも見たい」という声が殺到した。デイリースポーツが貴重な馬場の女形写真を入手。“初公開”する。

 2010年7月にこの世を去った劇作家で演出家、つかこうへい氏の最後の愛弟子と言われる馬場の評価が、7月10日の命日を前に高まっている。

 馬場はつか氏の最後の演出作品となった「飛龍伝2010」のオーディションで、初めてつか氏と出会った。11年にはつか氏の名作「新・幕末純情伝」で筧利夫ら名優がこれまで演じてきた坂本龍馬役を最年少で演じ、13年には同じくつか作品「熱海殺人事件NEW」で、風間杜夫、阿部寛らが演じてきた木村伝兵衛役に史上最年少で大抜擢された。

 今年は「役者の幅にとらわれず、何にでも挑戦したい」と目標を定めた馬場。4月に明治座で行われた早乙女主演の「神州天馬侠」に出演し、早乙女と意気投合。5月に岐阜で行われた早乙女の父が座長を務める劇団朱雀の大衆演劇を観に行ったところ、その場で6月の渋谷・パルコ劇場公演に勧誘され、急きょ出演が決まったというから、面白い。

 パルコでは初となる大衆演劇「早乙女太一“原点進化”」(6月18~24日)は、大衆演劇の醍醐味でもある日替わり公演が話題に。馬場は1公演のみ、早乙女が演じる女形「弁天小僧菊之助」を演じることになり、稽古時間わずか1時間で、自身初の女形に挑戦した。

 この公演終了後から、馬場の“幻の女形”が話題になり、主催者らには「せめて写真だけでも見たい」などの要望が殺到するなど、反響を呼んでいる。

 6月17日に25歳の誕生日を迎えた馬場は「毎日、毎分、毎秒で自分を磨くことができることを体感しているので、どんなことにも果敢にチャレンジしていくことを楽しみたい」と抱負を語った。

 その馬場について、つか作品のプロデューサーでもあった演出家・岡村俊一氏は「馬場徹の迫力は、パルコや紀伊国屋の小さな空間には押し込めきれない。明治座の大空間でも、彼が登場すると客席の色が変わるほどだ。こんな新人俳優は、滅多にいない」と手放しで大絶賛。「つかさんの膨大なセリフの難しい表現を任せても、理解する力が強くて早い。とにかく、すべての表現の幅が広くて深いのです。今の20代の俳優で、これだけ力を持っている人は少ない。その上、まだ高みを目指す向上心の強さにも感心するばかりです」と高く評価。今後の活躍に期待を寄せている。

 馬場が出演する早乙女主演舞台「神州天馬侠」が名古屋・中日劇場で上演中。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス