文字サイズ

山岸舞彩、番組Pからの被害認める

 キャスターを務める日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」の男性プロデューサーからセクハラ被害を受けていたことが明らかになったフリーアナウンサーの山岸舞彩(やまぎし・まい、26歳)が3日、都内で、「日経トレンディ 2013年上半期ヒット商品ベスト30」発表会に出席。「セクハラという認識はなかった」とセクハラという表現については否定した。一方で、番組スタッフらに悩みを相談していたことは事実と認めた。

 男性プロデューサーは山岸がキャスターとして就任した4月以降、打ち合わせと称して、山岸の楽屋に居座ったり、二人きりの反省会をメールで誘うなど、執ように付きまとっていた。数人の女性スタッフも同様の被害を受けていたという。セクハラ及び、パワハラ被害の疑いとして社内調査が行われ、6月1日付けでプロデューサーの職を解かれた。

 山岸はこの日、セクハラ被害報道後初めて公の場に登場。ミニスカートからセクシーな太股をチラ見せするなど、美脚は惜しみなく披露した。

 イベント後には、福士蒼汰と囲み会見を終えた後、1人だけ会場に残り、セクハラ騒動について、自らの口で説明した。

 「私自身がセクハラを受けたという認識はなかったですし、セクハラって言葉を自分から発したこともなかったので、セクハラという言葉が一人歩きしている点は残念で、本意ではないです」とセクハラ被害という認識はなかったことを強調。「ここでみなさんにすべてをお話しできる立場ではない」とそれ以上は語らなかった。

 一方で、日本テレビや「‐ZERO」の番組スタッフが「真しに相談に乗ってくれた」と明かし、男性プロデューサーからのパワハラ被害の悩みを打ち明けていたことを事実上認めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス