文字サイズ

大沢たかお カンヌで大拍手

公式上映でスタンディングオベーションを受ける(左から)松嶋菜々子、三池崇史監督、大沢たかお=フランス・カンヌ(C)若山和子
2枚

 フランス・カンヌで行われている「第66回カンヌ国際映画祭」(26日まで)に参加中の俳優・大沢たかお(45)が20日(現地時間)、コンペティション部門に出品された主演映画「藁の楯」の公式上映に参加した。

 2000人を収容する大劇場で行われた上映が終わると、満席の会場からは大沢、共演の松嶋菜々子(39)、三池崇史監督(52)へ向けたスタンディングオベーションが贈られた。拍手は約5分にわたって続き、大沢と松嶋は感無量の表情。三池監督は照れを隠すように、拍手が収まらないうちに会場を後にし「いつまでもいたら迷惑かなと思った。長く薄いよりも濃い方がいい」と語った。

 今作でカンヌ初参加となった大沢は、上映前には緊張を感じたことを明かしたが「まだふわふわしている。ただ、ある受け入れ方をしてもらえたという実感はありました」と反応を喜んだ。やみつきになりそう?との問いかけには照れ笑いしたが「単純に、もっと良いものを作りたいという気持ちにさせられた。また来られる機会があれば」と刺激を受けた様子。同じく初参加の松嶋も「とてもいい経験になりました。この気持ちは大事にとっておきたいと思います」と語った。

 「藁の楯」は、懸賞金が懸けられた凶悪犯の移送を命じられたSPたちの葛藤を描く。受賞結果は日本時間の27日未明に発表される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス