文字サイズ

羽生結弦4連覇も「煮えたぎってます」

フリーの演技を終え悔しがる羽生結弦=北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・開出牧)
男子フリーで演技する羽生結弦(撮影・開出牧)
男子フリーで演技する宇野昌磨(撮影・開出牧)
3枚3枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(26日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(21)=ANA=が183・73点をマークし、総合得点286・36点で4連覇を果たした。ジャンプで2度の転倒があったものの王者の貫禄を示し、来年3月から4月にかけて行われる世界選手権(米ボストン)代表を決めた。宇野昌磨(18)=中京大中京高=が267・15点で2位、無良崇人(24)=洋菓子のヒロタ=が263・46点で3位に入り、SPの順位を守った。

 難なく決め続けた美しいジャンプが、後半に乱れた。羽生は「悔しいですよ。もうメラメラです。煮えたぎってますよ。ああ(この次は)頑張ります」と、悔しさをあらわにし、ブライアン・オーサー・コーチは「シーズンの中ではいろいろある。彼も人間だよ。(世界選手権の)ボストンまではもう一度鍛え直します」と話した。

 それでも強い。試合前に降りかかったアクシデントも乗り越えた。昼間の公式練習で村上大介(陽進堂)と衝突し、転倒。昨年のグランプリ(GP)シリーズ中国杯でも練習で激しく衝突し流血する事態となっただけに周囲は騒然としたが、笑顔で握手すると、再び練習に集中した。

 何が起こっても負けない。3年前に初めて日本王者になった思い出のリンクで、羽生が絶対王者の力を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス