文字サイズ

桐生、肉離れで世界陸上出場ピンチ

陸上短距離の桐生祥秀
1枚拡大

 東洋大学が3日、陸上男子短距離の桐生祥秀(19)がダイヤモンドリーグ2015第7戦(13日、米国・ニューヨーク)男子100メートルを右太もも裏肉離れのため欠場すると発表した。6月26日開幕の日本陸上選手権(新潟)の出場も「非常に困難な状態」であると東洋大学は表明しており、8月22日に開幕する世界選手権(北京)への出場が難しくなった。

 桐生は5月30日に東洋大学川越キャンパス陸上競技場での練習中に、右大腿後部を負傷した。6月1日に、国立スポーツ科学センター診療所で精密検査を受けたところ、右ハムストリングスの肉離れ(2度)と判明し、練習再開まで6週間が必要と診断された。

 100メートルでは、3月に米国・テキサスリレーで追い風参考で9秒87を出したものの、公認では世界選手権参加標準記録の10秒16を切れていない。出場を予定していたダイヤモンドリーグ第7戦と、日本選手権のどちらかで10秒16を突破する必要があった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス