文字サイズ

羽生が腹痛でエキシビション欠場

 フィギュアスケート全日本選手権の翌日となる29日に行われるメダリスト・オン・アイスの実行委員会は28日、全日本3連覇を達成した羽生結弦(20)=ANA=が腹痛の精密検査のため、欠場することを発表した。

 優勝した前日の試合後には「体調が悪くてちょっと大変でした」と話していた羽生。「グランプリファイナルの期間中から断続的に腹痛がありました。帰国後、医師に相談した結果、医師よりこのタイミングで精密検査を行うことを勧められました。メダリスト・オン・アイスを楽しみにして頂いていたファンの皆様には、ご迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。まずはしっかり検査を行い、今後については改めてご報告させていただきます」と、コメントした。

 今大会の優勝で来年3月の世界選手権代表に内定していた羽生だが、この日、代表発表後に行われる会見も欠席予定。検査結果は判明次第、日本スケート連盟より報告するとしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス