文字サイズ

羽生 転倒もGPファイナル決めた

 男子フリーの演技を終え、腰に手を当てる羽生結弦=大阪なみはやドーム
3枚

 「フィギュアGPシリーズ第6戦・NHK杯」(29日、なみはやドーム)

 男子はSPで5位と出遅れた羽生結弦(19)=ANA=がフリーで151・79、SPとの合計で229・80点を獲得し、自身が滑り終えた時点では1位だった。その後は村上大介(陽進堂)、ボロノフ(ロシア)らに抜かれたものの4位に入り、連覇を狙うGPファイナル(バルセロナ)進出を決めた。

 滑走順7番目で登場した羽生は冒頭の4回転サルコーが2回転に、4回転トーループはスピードもなく転倒してしまった。

 後半のトリプルアクセル(3回転半)-1回転ループ-3回転サルコーも最初のジャンプを失敗。本来の姿からはほど遠い内容だった。

 演技終了後の羽生は目を伏せたままリンクから引き揚げた。激突負傷した中国杯から3週間で強行復帰。演技後は「皆さんはけがの影響かと思われるかもしれませんけど、これが僕の実力だと思っています」と淡々と振り返った。

 演技後のキスアンドクライでは、何度も「ありがとうございました」と口を動かし、フリーの得点が表示されるとうなずき、得点に悔しそうな表情。ブライアン・オーサー・コーチに励まされ「yeah,I can(うん、僕はできるよ)」「Oh my god」と笑顔で応えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス