文字サイズ

羽生、危ない!非公式練習でニアミス

バスの後部座席から集まった報道陣を見つめる羽生結弦(右)=撮影・保田叔久
2枚

 フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリストで、GPシリーズ第3戦の中国杯で閻涵(えん・かん)=中国=と激突して負傷した羽生結弦(19)=ANA=が26日、GPシリーズ最終戦NHK杯(28日開幕、大阪・なみはやドーム)に出場することが決定した。 この日、日本スケート連盟関係者が見守る中、約1時間の非公式練習に参加し、トーループ、サルコーの2種類の4回転ジャンプも決め、出場可能な状態と判断された。

 この日、NHKテレビの午後7時のニュースでは、NKK杯出場のニュースとともに、白のマスクを着けて氷上に登場した羽生の練習風景が報じられた。

 羽生は軽やかなステップを踏みながら練習をこなしたが、フェンス際を滑る際に、ほかの出場選手とみられるスケーターが目の前に現れ、羽生が身を丸めて避けようとする“ニアミス”のシーンが映された。直後の羽生はおどけたようなしぐさで、顔に笑みを浮かべていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス