文字サイズ

羽生のNHK杯出場は26日練習で判断

 日本スケート連盟は25日、フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト、羽生結弦(19)=ANA=のNHK杯(28日開幕・大阪、なみはやドーム)出場について、26日の非公式練習の状態を見て判断すると発表した。

 羽生は今月上旬の中国杯(上海)フリーの6分間練習中に、閻涵(中国)と激突。不屈の演技で2位に入ったが、その後車いす姿で緊急帰国し、病院で検査を受けた結果、頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫により、全治2~3週間と診断。その後は地元の仙台でリハビリしていた。

 NHK杯では3位以内で、連覇の懸かるGPファイナル(12月11日開幕、バルセロナ)への出場権を獲得できる。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス