文字サイズ

福原愛の父死去 5年会っていなかった

 卓球の福原愛(24)の父・武彦さんが10月6日、すい臓がんのため死去していた。享年71。福原が16日、報道各社にFAXで報告した。

 それによると福原が武彦さんの死を知ったのは東アジア大会で天津に滞在していたとき。武彦さんと福原とは「2008年の終わり頃を最後に一度も会っていない状態にありました。以後は電話やメールでのやりとりも、一度もない関係となりました」と、最近の冷え切っていた関係を打ち明けた。

 しかし、福原は改めて父のことを想った。「そのような仲でしたが、父がいなければ、私は生まれてくることもなかったですし、今の成長した私があるのも、多くの方々が応援してくださる環境があることも、父の影響によるものが少なくありませんでした。そういったことについては、父に感謝しております」

 その上で「私はこれまで以上に精進し、アスリートとして活躍できるよう取り組むことが、より一層必要だと感じています。応援いただく皆様に、競技の結果がご恩をお返し出来るように頑張りますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します」と、父の死を乗り越えていく覚悟を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      これも読みたい

      あとで読みたい

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      あわせて読みたい

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス