文字サイズ

亜大、意識回復の冨田さんに白星届けた

8回、富士大・内間の飛球を好捕する亜大・宗接=神宮球場(撮影・棚橋慶太)
完投勝利を挙げた嘉陽(右)とグラブタッチする亜大・宗接=神宮球場(撮影・棚橋慶太)
7回、適時打を放ち一塁へ走る亜大・宗接=神宮球場(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「全日本大学野球選手権2回戦、亜大4-1富士大」(8日・神宮)

 亜大が逆転勝ちし、準々決勝にコマを進めた。

 1点を先制されたが、二回2死三塁から、今秋ドラフト候補の宗接唯人捕手(4年・神戸国際大付)が本盗を決め、ノーヒットで同点に追いついた。六回は宮崎一斗外野手(4年・帝京三)の適時二塁打などで2点を勝ち越し。七回にも宗接の適時打で加点した。

 5盗塁と持ち味の機動力を生かした攻めで、ドラフト候補右腕の富士大・小野を攻略。人生初の本盗を成功させた宗接は「やってやったという感じ。亜細亜らしい野球ができた」と、笑顔をはじけさせた。

 前夜には、アイドル活動をしていた亜大生で刺傷事件の被害にあった冨田真由さんが、意識を回復したというニュースが報じられた。チームはリーグ優勝時、冨田さんの所属ゼミの教官である大島正克部長を通じ、ウイニングボールを贈っていた。生田勉監督は「何でもいいからパワーを送れれば。(今大会も)毎試合ボールを届けようという話はみんなでしている」と、朗報を喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス