文字サイズ

ロッテ ナバーロ復帰いきなりヒット

1回ロッテ2死、安打を放つロッテ・ナバーロ=浦和(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 ロッテのヤマイコ・ナバーロ内野手(28)が、12日のイースタン・巨人戦(ロッテ浦和)で約2カ月ぶりに実戦復帰。スタメンの3番・二塁で出場、いきなり安打で出塁した。

 最初の打席は初回2死走者なしの場面で迎えた。巨人・大竹が1-1から投じた140キロ速球を、左線へ打ち返した。あまりにも当たりが良すぎたため、ナバーロは一塁を越えたところで止まった。

 第2打席は四回無死一塁で迎え、四球を選んだ。五回は2死三塁で中飛に終わり、この日は3打席で交代した。

 ナバーロは試合後、「今日はファームでの試合だったが、自分の感じとしては良かった。ここまで一軍に帯同して練習し、順調にきている。(23日に一軍昇格が濃厚だが)今まで通り打撃も守備も一生懸命練習して、チームに貢献したい」と話し、「今は新しい気持ちでやっている。それを見てほしい」と、気持ちを切り替えて野球に集中していることを強調した。

 ナバーロは2月21日に那覇空港で実弾所持の銃刀法違反容疑で逮捕され、3月22日に不起訴処分になっていた。球団はパ・リーグとイースタン・リーグの公式戦開幕から、それぞれ4週間の出場停止と制裁金50万円の処分を科し、イースタン・リーグは4月9日から出場可能となっていたが、チームが遠征中のためこの試合からの復帰となった。

 1軍公式戦は4月23日のオリックス戦(QVC)から出場可能となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス