文字サイズ

ドラ1候補の今永0封も駒大がけっぷち

 「東都大学野球・国学院大3-0駒大」(14日、神宮)

 駒大が3安打完封負けを喫した。今カードであと1敗して勝ち点を落とせば最下位が確定し、入れ替え戦に回る。

 初回に内野ゴロの間に先制されると、三回にもソロと適時打で2失点。3点ビハインドの六回から今秋ドラフト候補左腕の今永昇太投手(4年・北筑)が救援し、4回2安打無失点、4奪三振の力投を見せたが、打線は元気なく、そのまま押し切られた。

 今春を棒にふった左肩痛から、今季は復活気配を漂わせる今永だが、白星にはつながらず。「チームが勝てればいい。流れを呼び込む意味でも、監督さんは送り出してくれていると思うので」と、無念さをにじませた。

 貧打にあえぐ今季を象徴する内容に、西村亮監督は「バッターに頑張ってもらわないと、どうしようもできない」と険しい顔。「今日の負けでかなり厳しいけど、残り試合、ベストゲームを続けていくということ」と、懸命に前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス