文字サイズ

【オコエ一問一答】「プロに行きたい」

東海大相模-関東第一 目に涙を浮かべながらグラウンドに一礼する関東第一・オコエ瑠偉=甲子園(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「全国高校野球・準決勝、東海大相模10-3関東一」(19日、甲子園)

 走攻守すべてでプロ注目の関東一・オコエ瑠偉外野手(3年)は、この日も「1番・中堅」で先発。5打数1安打に終わり、試合後は「プロに行きます」とプロ志望を表明した。敵味方にかかわらず、登場するたびに球場全体を沸かせた大器は、大粒の涙を流しながら次のステージでの活躍を誓った。

 オコエの主な一問一答は次のとおり。

 -試合を終えて。

 「悔しい結果になったけど、相手は全国でトップクラスの学校。評判通りのすごいピッチャーで甲子園に出てこないと対戦できない。悔いはないです」

 -第4打席でヒット(左前打)が出た。

 「点差は離されてましたけど、自分が出てチャンスを作ろうと思った。技術がなくて気持ちしかないなと思った」

 -試合後の整列後、東海大相模・小笠原投手には何を。

 「『自分たちの分まで優勝してくれ』と言いました」

 -小笠原投手との(八回の)対戦を振り返って。

 「まっすぐ(147キロ)で勝負してくれてうれしかった」

 -八回の第4打席の歓声は聞こえていたか。

 「聞こえていました。ファンの皆さんに力をもらった」

 -どんな甲子園だったか。

 「メンタル面などいろいろな部分で成長させてもらった。一生忘れられない場所になる。自分がいいプレーをすれば沸く、最高の場所でした」

 -今後は。

 「プロに行きたい。すべてでトップレベルの選手になりたい。自分をもっと磨いて、プロでもしっかりと走攻守でチームを引っ張っていけるような選手になりたい。目標の選手?今までの日本にいなかったような選手になりたいので、別々(部門別)に設定します。秋は3番を打っていたし、1番にもこだわらず、最適なスタイルを探していきたい」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス