文字サイズ

中日・和田、両リーグで千安打大杉、落合に次ぎ3人目

 中日の和田一浩外野手が16日、ナゴヤドームで行われた巨人20回戦の四回に大竹から右前打を放って中日での通算千安打目を記録し、史上3人目となるセ、パ両リーグでの千安打を達成した。2007年まで所属した西武での安打数は1032。過去に東映(現日本ハム)とヤクルトでプレーした大杉勝男、ロッテ、中日、巨人、日本ハムに所属した落合博満が達成している。

 和田は県岐阜商高から東北福祉大、神戸製鋼を経て1997年に西武に入団。08年からは中日でプレーし、今年6月に史上最年長となる42歳11カ月で通算2千安打を達成した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス