文字サイズ

駒大が13年ぶりV 江越千金2点打

6回、遊ゴロに倒れるも必死の走塁で先制点につなげた駒大・江越=神宮球場(撮影・田村亮介)
先発する明大・山崎=神宮球場(撮影・田村亮介)
先発する駒大・東野=神宮球場(撮影・田村亮介)
3枚3枚

 「明治神宮大会 大学の部・決勝、駒大3-0明大」(19日・神宮)

 駒大が完封勝ちし、13年ぶり5度目の優勝を飾った。

 両チーム無得点の六回に敵失で1点先制。さらに八回2死一、三塁から、阪神にドラフト3位指名された江越大賀外野手が、中前にポトリと落ちる適時二塁打を放ち、貴重な2点を追加した。

 先発した1年生左腕・東野が5回無安打の快投。六回から登板したエース左腕・今永も、最速148キロを計測した直球などで反撃を許さなかった。

 大学最後の公式戦で日本一に輝いた江越は「勝てて本当にうれしい」と目を潤ませた。来年からプレーする舞台はプロに移る。「自分の持ち味をしっかり出せるように、これからも頑張っていきたい」と精進を誓った。

 明大はオリックスにドラフト1位指名された先発の山崎が、八回途中3失点。直球、変化球ともにキレがあったが、味方の失策や不運な打球に泣いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス