文字サイズ

「世界の盗塁王」が日米野球始球式登板

日米野球第1戦で始球式を行う福本豊氏
1枚拡大

 元阪急ブレーブス外野手の福本豊氏が、12日の日米野球第1戦(京セラドーム)で始球式を行うことが10日、発表された。

 福本氏は現役時代、阪急の黄金時代を支え、当時の世界記録となる1065盗塁を達成した。その後、米大リーグ・アスレチックスなどで活躍したリッキー・ヘンダーソン(1406盗塁)によって記録は破られたが、福本氏の名は日本だけでなく米球界にも知れ渡った。

 日本を代表する球界の“レジェンド”の一人として、日米野球のマウンドへ上がる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス