文字サイズ

大瀬良、投打で初勝利 神6連勝で停止

3度目の正直でプロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に広島・野村謙二郎監督(左)の祝福に笑顔を見せる大瀬良=マツダスタジアム
3枚

 「広島3‐1阪神」(16日、マツダ)

 首位広島の先発、ドラフト1位の大瀬良がプロ初勝利を挙げ、2位阪神の連勝を6で止めた。

 大瀬良は7回5安打1失点(自責0)だった。八回は一岡が抑え、九回はミコライオが締めた。

 広島は今季10勝目(5敗)。二回、エルドレッド、キラの連打で無死一、三塁とし、続く梵の遊ゴロ併殺打の間に1点を先制した。さらに五回は2死一、三塁から大瀬良のプロ初安打となる左翼線適時二塁打で2点を加えた

 阪神は六回、敵失で1点を返し、なお無死二塁となったが、マートン以下が倒れた。首位広島との差は再び1ゲームとなった。

 阪神先発の岩崎は回5安打3失点で1敗目(1勝)。低めにスライダー、直球を粘り強く投げ、ゲームはつくった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス