文字サイズ

大谷翔平、バットたたきつけて悔しさ吐露 10勝目逃す 快挙へ登板機会あと1回

 エンゼルス・大谷(提供・共同通信社)
マリナーズ戦の7回を投げ終え、ベンチで迎えられるエンゼルス・大谷(左)=アナハイム(共同)
マリナーズ戦の6回、中前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
3枚

 「エンゼルス1-5マリナーズ」(26日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が10勝目を逃した。本拠地最終戦に「2番・投手」で出場。勝利投手の権利を手にして迎えた七回に痛恨の同点被弾。最速160キロを記録し、7回を今季2番目に多い112球を投げて5安打1失点、2登板連続の2桁となる10奪三振と好投を披露したが、勝敗はつかなかった。そのまま守備につかず交代。打席では3打数1安打で、本塁打は出なかった。2番手投手が打たれてチームも敗れた。バットをたたきつけて悔しがるシーンも見せた。

 痛恨の一発だった。1-0とリードして迎えた七回1死。7番ケリニックへのカウント1-1からの、3球目のスライダーが真ん中高めに甘く入った。打球は右翼席に達する同点ソロ。その瞬間、勝利投手の権利は消えた。それでも気迫の投球で3アウト目を三振で仕留めると、この回限りでの降板を察知したファンからのスタンディングオベージョンを受けながら、ベンチへ引き揚げた。

 9勝を挙げてから3度目の登板。1918年にベーブ・ルースが記録した後、102年間誰も達成していない「2桁勝利&2桁本塁打」の偉業がかかったマウンドだった。3度目の正直も好投及ばず勝ち星にはつながらなかった。

 シーズン最後のホームゲーム。試合開始およそ40分前に大谷がウォームアップのためにフィールドに姿を見せると、三塁側席からMVPコールが起こった。

 大谷は初回から初球でスプリットを使うなど、“宝刀”を多投。初回先頭打者に安打を許したが、以降は四回までは12人連続でアウトを奪う立ち上がりだった。

 大谷の好投に応えるかのように二回の攻撃で女房役・スズキの6号ソロで1点を先制した。だが、前夜14得点した打線は、追加点が奪えなかった。

 大谷は五回は1死一、二塁とされたが、下位打線を外野フライに打ち取った。六回も1死一、二塁のピンチを招いて主軸を迎えたが、4番ハニガーを空振り三振、5番トロを中飛に斬って、運命の七回を迎えていた。

 打席では相手投手の外角一辺倒の投球に対し、初回の1打席目は一ゴロ、三回の2打席目は中直に倒れていた。六回の第3打席は芯で捉えて中前打を放った。七回は2死一塁で9番フレッチャーが一飛に倒れ、大谷に打席は回ってこなかった。ベンチで右手で持ったバットを1回、2回とたたきつけて悔しさを吐き出した。

 本塁打王争いは46本でトップに立っているゲレロ(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)も数字を伸ばせず試合終了。45本塁打の大谷が1本差で追う展開が続いている。

 大谷の今後の登板は、順調にいけば今季最終戦となる10月4日のマリナーズ戦あと1回のみ。2桁勝利、2桁本塁打の103年ぶりの快挙へ、最後の1戦で最後の挑戦をする。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス