文字サイズ

大谷翔平の球宴二刀流出場 1回限定で指揮官GOサイン「できるのであれば、反対しない」

 米大リーグ機構(MLB)は14日(日本時間15日)、オールスター戦(7月13日・デンバー)のファン投票の第1回中間結果を発表し、日本選手でただ一人ノミネートされているエンゼルスの大谷翔平投手(27)がア・リーグ指名打者部門で最多の52万6608票を獲得した。2位のJD・マルティネス(レッドソックス)との差を約23万3000票とした。

 アスレチックス戦の試合前に行われた監督会見。米記者から大谷の球宴での投打同時出場について問われたマドン監督は「素晴らしい。いいね」と前向き。ここまで大谷を6試合で投打同時出場させている指揮官は「彼の登板日程による」としながらも「1イニングだけ。彼ができるのであれば私は反対しない」と、1回限定を条件にGOサインを出した。また、ホームラン競争に関しては「わからない」と言葉を濁し、肉体への影響を心配した。

 大谷はここまで打者で60試合(代打5試合)に出場し、打率・269、リーグ3位の17本塁打、同6位の45打点と9盗塁をマーク。投げては9登板、2勝1敗、防御率2・85。他の先発投手より登板数、投球回数は少ないが、“魔球”スプリットを決め球に奪三振率12・9(47回1/3で68奪三振)を記録している。

 球宴の投手の選出は選手間投票とコミッショナー事務局の選考で決定。MLBによると、大谷は指名打者で選出された場合でも投手としてマウンドに立つことは可能。その際にはDHを解除することになるが、球宴では投手への負担を軽減するため、小刻みの継投が通例となっており、起用法には問題ない。

 ベーブ・ルース以来、100年ぶりの本格的二刀流選手が夢の舞台で投打同時出場を実現させることができるのか、大きな注目を集めることは間違いない。

▽球宴ファン投票第1回中間結果

▽球宴ファン投票第1回中間結果<ア・リーグ>

指名打者部門

〈1〉大谷翔平(エンゼルス)52万6608票

〈2〉JD・マルティネス(レッドソックス)29万3757票

〈3〉ヨルダン・アルバレス(アストロズ)14万3091票

捕手サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)69万4710票

一塁ウラジミール・ゲレロ(ブルージェイズ)85万7956票

二塁マーカス・セミエン(ブルージェイズ)56万1326票

三塁ラファエル・ディバース(レッドソックス)45万1042票

遊撃ザンダー・ボガーツ(レッドソックス)50万2629票

外野〈1〉マイク・トラウト(エンゼルス)70万6503票

  〈2〉アーロン・ジャッジ(ヤンキース)53万8448票

  〈3〉バイロン・バクストン(ツインズ)38万3178票

<ナ・リーグ>

捕手バスター・ポージー(ジャイアンツ)51万1221票

一塁マックス・マンシー(ドジャース)40万5609票

二塁オジー・アルビーズ(ブレーブス)29万5478票

三塁クリス・ブライアント(カブス)50万2970票

遊撃フェルナンド・タティス(パドレス)70万1251票

外野〈1〉ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)83万4287票

  〈2〉ニック・カステヤノス(レッズ)56万8758票

  〈3〉ジェシー・ウィンカー(レッズ)46万2692票

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス