文字サイズ

マー君「アンラッキーだけどラッキーだった」180キロ打球頭部直撃を振り返る

 ヤンキースの田中将大投手(31)は14日(日本時間15日)、キャンプ再開後初めてリモート取材に応じ、4日の練習中に頭部に打球を受けた後の自身の体調について「今のところすべてがうまくいっている。慎重にならなければいけないですけど、自分にとっては明るいニュースだと思います」などと話した。

 田中は4日の実戦形式の投球練習で強打者スタントンが放った112マイル(約180・2キロ)の弾丸ライナーを頭部右側に受けた。「あっ!と思った時にはもう当たってましたね」。精密検査では異常は見られず、「軽度の脳振とう」と診断されたが、「症状は全くないです。当たったことはアンラッキーだったけど、ラッキーだったと思う」と話した。

 すでにチームに合流し、キャッチボールも再開。「次のステップとしてはブルペンに入るというところだと思いますけど、そこまで行くまでにも一日一日、状態を見ながらということになる。順調にいけば近いうちに(ブルペンのマウンドに)上がれるのかなと思っています」。開幕が9日後に迫った公式戦の登板には「先のことで希望というものを見て考えたいという気持ちももちろんあるんですけど、目の前のステップを一つ一つ上っていくということが今の自分にとって一番大事だと思うので、まだそこまでは考えれないですかね」と複雑な心境を吐露した。

 日米ファンから心配する声や激励があった。「うれしい、幸せ、なんて表現していいのか分からないですけど、いい気持ちにはなりました。そういうふうに思ってくれてる人たちのためにもまたマウンドにしっかり戻って、いいパフォーマンスを出すんだという気持ちにはさせられました」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス