文字サイズ

大谷翔平 左膝手術後初フリー 新フォームで柵越え5本 外野も守った!

 左膝手術後初めてフリー打撃を行った大谷(撮影・小林信行)
3枚

 「エンゼルス春季キャンプ」(13日、テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が昨年9月に受けた左膝手術以降、初めてフリー打撃を行った。

 バッテリー組キャンプ2日目。前日に続いて投手陣とは別のメニューを与えられた大谷が術後初、昨年9月10日以来のフリー打撃に臨み、25スイングで5本の柵越えを放った。

 3方向に打ち分け、最長はバックスクリーン直撃の推定135メートル弾。「体は問題なくよかったんじゃないかなと思います。打感もそんなに悪くなかった。初めてにしてはよかったかなと思います」と手応えを口にした。

 打撃フォームは昨季までは右足先をつけた状態でスイングしていたが、この日は前日の室内練習でも実践していた右足を上げる新型を披露。テークバック時のバットの先が旧型より投手方向に傾き、ボールに入る角度が鋭くなった。

 「実戦でやるか分からないですけど、いろんな打ち方をする中で勉強になることがたくさんあるんじゃないかなと思います」

 打撃練習の順番を待つ間もフォームチェックを繰り返した。

 バッティングの後は外野で球拾いも行った。2年前は慣れないメジャー1年目、昨季はリハビリ期間だったため、過去2年には見られなかった光景だ。大谷は右翼と中堅で7つのフライと12個のゴロ、計19個の打球を軽快な動きで処理。キャッチボールでは30メートルまで距離を伸ばして60球。術後初のブルペン入りに向けて調整した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス