文字サイズ

マエケン 五回途中5失点降板 大谷に被弾から大量失点

エンゼルス戦に先発したドジャース・前田=アナハイム(共同)
3枚

 「エンゼルス-ドジャース」(11日、アナハイム)

 ドジャースの前田健太投手(31)は先発で大谷に先制弾を許すなど、五回途中3安打5失点、3四球、3奪三振で降板。97球。8勝目はならなかった。

 4月23日のカブス戦で2敗目を喫した後は7試合負けなしの4連勝だった前田。しかし、初回2死から一気に崩れた。昨年7月6日以来となる大谷との対決。フルカウントから高めに浮いたスライダーを一気に右翼席へ運ばれた。前回対戦では2打数無安打に抑えていた相手に先制点を許し、マウンド上で首を振り、悔しそうな表情を見せた。

 動揺からか、後続に死球と四球を与えて2走者を背負うと、6番グッドウィンにはカウント1-2と追い込みながら外角低めチェンジアップを中前適時打。続くボアにはワンストライクから投じたチェンジアップに合わされて中越え3ラン。2死走者なしから一挙5点を奪われた。

 二回以降は四球を出しながらも被安打ゼロ。四回まで3イニングを無失点に抑え、五回にトラウトを打ち取り、大谷を迎えたところで左腕のファーガソンと交代した。

 前日の試合前には大谷との対戦について「日本のメディアの人がたくさん書くと思うので打たれたら大変なことになるなと」と話し、報道陣の笑いを誘った前田。初回だけが悔やまれる結果となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス