文字サイズ

任天堂、マリナーズ株地元企業へ売却へ

 2000年11月、京都市の任天堂本社でマリナーズへの入団記者発表をするイチロー外野手。右はハワード・リンカーン最高経営責任者
1枚拡大

 マリナーズは27日、過半数の株式を保有し筆頭オーナーとなっている任天堂が、10%の保有分を残して、地元企業グループに株を譲渡することになったと発表した。球団経営権を手放すこととなり、最高経営責任者(CEO)のハワード・リンカーン氏は退任する。株式の売却は今年8月に行われる大リーグのオーナー会議の承認を経て正式に決定する。

 マリナーズは1992年、山内溥氏(故人)が社長だった任天堂を中心とするグループが買収し、日本企業初の大リーグへの資本参加として注目を集めた。その後、04年に山内氏が個人で出資する持ち分のすべてを任天堂の米国子会社が買い取り、それまでの保有分と合わせ、50%以上となった。

 現在はマーリンズでプレーするイチローのマリナーズ入りが決まった際には、京都市南区の任天堂の本社で記者会見が行われた。

 CEOを退くリンカーン氏は記者会見で「山内さんが24年前にこの球団を買収した際、大リーグ機構から承認されるために大変苦労された。今ではこの球団をシアトルに残せたことを大変誇りに思う」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス