文字サイズ

セント レジス ホテル 大阪で、金曜限定のビストロ食べ放題

牛肉の赤ワイン煮込み、オニオンスープなどすべて食べ放題の『クレイジー・ビストロ』
1枚拡大

高級ホテル「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)で、テーブル式バイキング『クレイジー・ビストロ』が金曜限定でスタート。出来たての料理が食べ放題で提供されるとあって、グルメから注目を集めている。

会場となる1階のフレンチビストロ「ル ドール」は、お客がそれぞれ前菜・スープ・メイン・デザートから1品ずつ選ぶプリフィクスコースが人気。だが、今回は好きなだけセレクトでき、「普段であれば好きなメニューを頼んでしまうと思うのですが、新たなお気に入りを見つけていただく機会になれば」と担当者。

最初は、鴨のリエット、ポークパテ、ピクルスなどを盛り合わせた「アミューズ・ブッシュ」からスタート。以降は前菜、スープ、メイン、サイドディッシュ、デザートから好きなだけ90分制でオーダーできる。

前菜なら、ニース風サラダ、キッシュ・ロレーヌ、スモークサーモンなど。メインなら、牛肉の赤ワイン煮込み、牛フィレ肉のロッシーニ(+1700円)、スズキのムニエル レモンバターとバリエーション豊かにメニューがそろう(一部追加料金必要なメニューあり)。

また、同プランを利用すればワインボトルは1本2000円からオーダーでき、お酒好きであれば、チーズ盛り合わせ(+1200円)、鱈のブランダードなどを中心にオーダーしたり、甘いもの好きであればりんごのタルトタタン、小さなシューのスイーツ・プロフィットロールなど5種をすべてオーダーすることだって可能だ。期間は3月27日まで。料金は1人6800円、4~12歳は3400円。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス