文字サイズ

オバマ元大統領好物のチョコレート、関西初出店

アメリカ・シアトル発祥の高級チョコレート「Fran’s Chocolates(フランズチョコレート)」が関西に初出店。「京都BAL」(京都市中京区)と「神戸BAL」(神戸市中央区)で、12月6日同時オープンした。

1982年にシアトルのジョージタウンで創業した「フランズチョコレート」は、フランスのヴァローナ社のカカオを使用し、オーガニックのナッツや季節のフルーツを加えて仕上げた高級チョコレートのブランド。現在はアメリカで4店舗を展開している。

現地ではギフトやホームパーティの手土産として愛され、オバマ元大統領の好物として「ホワイトハウス」の手土産としても採用されたことでも有名だ。実際、京都店ではホワイトハウス用の化粧箱がオバマ氏のサイン入りで展示されている(非売品)。

店長の藤原優子さんは、「シンプルな見た目のチョコレートですが、濃厚で味わいが深い。創始者のフラン・ビゲロー氏が家族で経営しており、ファミリーのやさしい雰囲気が、チョコレートにも表現されています」と味について説明する。

商品は、シアトルの製造キッチンで手作りされており、日本初の取り扱いとなる「トリュフ」は、約20種類。また、ボンボンショコラで人気商品の「ソルトキャラメル」(1粒350円)は、手作業で30分以上キャラメルをかき混ぜて、チョコレートでコーティングされている。

店内のイートインスペースでは、オーガニックの宇治茶とチョコレートのマリアージュのセット(1200円)が3種類登場。組み合わせるお茶は、「京都BAL」内にある「コトシナ」からセレクトされた京都・宇治の有機緑茶園のもの。来春に向け、宇治茶を使用した日本限定のオリジナル商品も開発中(料金はすべて税別)。営業時間は両店とも11時から20時。

写真・文/二木繁美

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス