文字サイズ

朝ドラ『スカーレット』第35回(11月8日)・喜美子、信楽での再出発

 雇ってもらえることになり、陶芸会社・丸熊陶業へ挨拶に来たマツ(左・富田靖子)と喜美子(戸田恵梨香) (C)NHK
1枚拡大

女性陶芸家を目指すヒロインの半生を描くNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第35回(11月8日放送)では、新たな勤め先で喜美子が仕事を始める。

大阪での暮らしに別れを告げ、信楽に戻った喜美子(戸田恵梨香)。父の常治(北村一輝)とも仲直りし、川原家に久しぶりの平穏が訪れる。

実家の借金を返すため、喜美子は地元で一番の陶芸会社・丸熊陶業で働くことに。任された業務内容に、大阪での仕事に比べて物足りなさを感じる喜美子だったが・・・。

信楽に戻った喜美子を迎える友人には引き続き林遣都、大島優子らが出演。放送は、2020年3月28日までの全150回。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス