文字サイズ

サートゥルナーリアが、坂路で帰厩後初時計

 「POG3歳馬特選情報」(20日)

 〈栗東〉皐月賞(4月14日・中山、芝2000メートル)へ直行するホープフルS覇者のサートゥルナーリア(牡、角居)が、坂路で帰厩後初時計。単走で4F54秒7-39秒7-13秒2をマークし、辻野助手は「体はひと回りもふた回りも大きくなりました」と成長に手応え。新たにコンビを組むルメールには、「1週前くらいで乗ってもらえたら」と見通しを語った。

 若葉Sを快勝したヴェロックス(牡、中内田)は川田で皐月賞へ。スプリングS6着クリノガウディー(牡、藤沢則)は、引き続き藤岡佑で同レースへ。7着ロジャーバローズ(牡、角居)は、放牧を挟んで京都新聞杯(5月4日・京都、芝2200メートル)へ。

 ファルコンS3着ローゼンクリーガー(牝、高橋亮)は放牧へ。葵S(5月25日・京都、芝1200メートル)などを視野に。フラワーC10着のルタンブル(牝、寺島)と、16日の阪神で未勝利を勝ったラシェーラ(牝、笹田)は忘れな草賞(4月7日・阪神、芝2000メートル)へ。

 〈美浦〉桜花賞(4月7日・阪神、芝1600メートル)の2週前追い切り。朝日杯FS3着から直行するグランアレグリア(牝、藤沢和)は、Wで3F42秒7-12秒9。「前走の敗戦を糧にして頑張ります」と藤沢和師。フェアリーSの覇者フィリアプーラ(牝、菊沢)は帰厩後の初時計。「馬体はひと回り重量感を増した感じ」と菊沢師。

 スプリングSを制したエメラルファイト(牡、相沢)は皐月賞へ。フラワーCを楽勝したコントラチェック(牝、藤沢和)はオークス(5月19日・東京、芝2400メートル)直行が決まった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      POG特選情報最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス