文字サイズ

【地方競馬】テイエムサウスダンが兵庫ゴールドT制覇 鋭く差してダート重賞4回目のV

 「兵庫ゴールドトロフィー・Jpn3」(22日、園田)

 単勝1・9倍の1番人気に支持されたテイエムサウスダンが好位4番手追走から差し切り勝ち。ダートグレード競走は今年3勝目、通算では4勝目となるタイトルを獲得した。2着は3番手から伸びた2番人気のラプタスが入り、主導権を握って粘った3番人気の地元馬・イグナイターが3着と健闘した。

 テイエムサウスダンが力のいる馬場で再びパワフルな末脚を披露した。斤量52キロの地元3歳馬・イグナイターがJRA勢を振り切ってハナに立つとヒロシゲゴールドが続いてハイペースの流れ。少し置かれてラプタス、テイエムサウスダンの順で追走。直線に入っても逃げるイグナイターの脚色は衰えなかったが、JRA重賞ウイナー2頭が底力で猛追。最後は外から伸びたテイエムサウスダンが差し切った。

 「思った以上に前2頭が行って道中置かれた分、ハードになったが、期待に応えてくれた。馬を褒めてあげたい」と相棒をたたえた岩田康はこの勝利で兵庫ゴールドトロフィー5勝目。園田を知り尽くす名手がさすがのエスコートだった。勝利を見届けた飯田雄師は「中央でも成績を出していきたい。もっと成長してくれると鞍上も言ってくれていますから」と一層の期待を寄せる。22年度も全国で活躍する同馬の姿が見られることだろう。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス