文字サイズ

【地方競馬】オメガパフュームが史上4頭目の東京大賞典連覇

 東京大賞典を連覇したオメガパフュームと飛行機ポーズで喜びを表現するM・デムーロ(左)
3枚

 「東京大賞典・G1」(29日、大井)

 開催4日目の10Rで行われ、オメガパフュームが連覇達成。道中は中団に待機した2番人気が、3~4角で徐々に進出して直線で先行勢を交わした。東京大賞典の連覇は2013、14年のホッコータルマエ以来で史上4頭目。2着は5番人気のノンコノユメ、3着には4番人気のモジアナフレイバーが入った。

 M・デムーロ騎乗のオメガパフュームが、ノンコノユメの追い上げをしのいで連覇を成し遂げた。東京大賞典の連覇はアジュディミツオー(04、05年)、スマートファルコン(10、11年)、ホッコータルマエ(13、14年)に続く快挙。「3、4コーナーで負けないと思った。連覇のプレッシャーがあった」と名手は大役を果たして安どした。

 ケイティブレイブ、ゴールドドリームのJRA2頭が先行集団で張り合う中、その直後で脚を温存。4角では外から抜群の手応えで先行勢を射程内に。「いつもよりスタートが良くて、手応えも良かった。直線ですぐにゴールドドリームの脚がなくなったのが分かった」とデムーロは振り返る。

 鞍上は来年から美浦を拠点に活動していく。「1、2月はいっぱい乗せてくれると言うので美浦で乗るけど、3月以降は分からない。所属も栗東のままです」。心機一転、さらなる飛躍へとつなげていきたい考えだ。

 今後のプランは状態を見ながらオーナーと相談してからだが、順調にいけばドバイワールドC(20年3月28日・メイダン)が最有力。安田翔師は「2000メール以上で力が発揮できる馬だと僕は思っています。ただ、今回は目イチの仕上げだったので反動があるかもしれない。慎重に見極めたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス