文字サイズ

【地方競馬】オメガパフュームが帝王賞制覇 地方でもレーンが大暴れ

帝王賞を制したオメガパフューム(中央)=大井競馬場(撮影・園田高夫)
帝王賞をオメガパフュームで制しナンバー1ポーズをするレーン=大井競馬場(撮影・持木克友)
2枚2枚

 「帝王賞・Jpn1」(26日、大井)

 地方競馬の舞台でもレーンが大暴れ-。開催3日目の11Rで行われ、ダミアン・レーン(25)=オーストラリア=が騎乗した3番人気のオメガパフュームが、直線で大外に持ち出して驚異の追い込み勝ち。先行して先に抜け出した2番人気のチュウワウィザードが1馬身4分の1差の2着に粘り、3着には8番人気で南関東移籍初戦のノンコノユメが中団から突っ込んだ。

 オーストラリアの若き名手が上半期のダート頂上決戦も制した。地方競馬の短期騎手免許を交付されたレーンが、オメガパフュームを勝利に導いた。

 先週の宝塚記念を紅一点のリスグラシューで制したのは記憶に新しいところ。その敏腕ぶりをトゥインクル競馬で沸く大井でも披露した。「厩舎のおかげで仕上がりは完璧でした。多くのファンが競馬場にきてくれて、素晴らしい夜になりました」とストレートに喜びを表した。

 オメガパフュームは道中は後方を追走。3角から徐々にポジションを上げて、直線は大外に進路を取る。鞍上のアクションに応えてシャープな伸び。「反応が良くて素晴らしい脚を見せてくれました」とレーン。メンバー最速の上がり3F36秒7の末脚を繰り出し、鮮やかな差し切り勝ちを演じた。

 昨年暮れの東京大賞典に続いて、2個目のG1級制覇。安田翔師は「目標にしていたレースを勝てました。馬に対して、ねぎらいの気持ちでいっぱいです」と感激の面持ちだった。今後は放牧の予定で、秋のプランについては「馬の状態を見ながらオーナーと相談して決めたい」とトレーナー。令和最初の“帝王”がさらなる高みを目指して突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス