文字サイズ

【13日・園田11R 紫陽花特別】久々でもコーナスフロリダがダービー馬たる貫禄を示す

園田競馬
1枚拡大

 18年の兵庫ダービー馬・コーナスフロリダの注目の復帰戦。18年末に行われた地方馬全国交流重賞戦のダービーグランプリ後は放牧へ出され、たっぷり充電。4月中旬に園田に帰厩後は時間をかけてじっくり乗り込んできた。そのかいあって直前の能検での動きは上々。久々、加えて初の古馬相手でも今回のメンバー構成ならダービー馬たる貫禄を示すはずだ。

 ステップシュートはA2級3戦目の前走でクラス初勝利。4着に敗れた昇級初戦の勝ち馬のタラニスを相手に、0秒6差をつけ押し切っての勝利だった。そのタラニスが次走で再び快勝しただけに高評価できる一戦だ。ポイント別定のため斤量53キロで出走できるのは有利で連勝を狙う。

 ディグニファイドはJRA1000万下(2勝クラス)の勝ち実績があり、先行できる脚もあるだけに小回りコースにも対応できそう。直前の能検でも気配は上々だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス