文字サイズ

【地方競馬】マイタイザンが園田金盃V! 新春賞、兵庫大賞典に続く重賞制覇

 しぶとく押し切ったマイタイザン(中央)=撮影・佐藤厚
マイタイザンの鞍上でガッツポーズする杉浦健太=園田競馬場(撮影・佐藤厚)
2枚2枚

 「園田金盃」(13日、園田)

 2番人気のマイタイザンが逃げ切って優勝。2着には好位から伸びた5番人気のエイシンニシパ、3着には直線で内を突いた4番人気のキクノソルが入った。1番人気のタガノゴールドは4着に終わった。

 見事に押し切った。ファン投票1位のマイタイザンは、好スタートを切ると、マイペースに持ち込む。2周目の向正面からペースを上げ、3角過ぎからスパート。内をすくおうとしたキクノソル、外から迫るエイシンニシパの猛追を振り切った。

 「スタートが決まったので、その後は平常心でレースができました。最後は根性で頑張ってくれたが、本当にすごい馬。感謝してます」と杉浦健は相棒をたたえた。今年は新春賞、兵庫大賞典に続き、園田1870メートルの重賞を完全制覇。今後について、新井隆師は「(連覇が懸かる)新春賞はハンデもあるので。次走は未定」と明言を避けたが、来年のさらなる活躍が期待できそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス