文字サイズ

【向日町G3】山本伸一が自転車競技大会に寄付「コロナ渦でも頑張る高校生に」

 「平安賞・G3」(3日、向日町)

 山本伸一(37)=京都・101期・S1=が3日、開設記念シリーズ開催中の向日町競輪を訪れ、新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高等学校総合体育大会自転車競技大会の中止に伴い開催される全国大会「2020JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会 全国大会」(11~13日・向日町競輪場)の大会実行委員会へ、10万円を寄付した。

 山本は「コロナ禍でも頑張っている高校生は目標が失われた。少しでも力になれたらと賛同した」と寄付を行った経緯を語った。

 野球の四国アイランドリーグ(当時)の高知ファイティングドッグズから競輪選手に転向した経歴を持つ山本は「自分も高校時代に甲子園がなくなったらつらい気持ちになる。何かしら応援をしたい」と語り「競輪業界や自転車競技の業界が発展していくためにも、未来の宝、人材育成に力を貸したい」とコメント。参加する選手に対しては「暑い中で頑張っていると思う。その思いをぶつけていい大会にしてほしい」とエールを送った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    G3・平安賞(向日町競輪)最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス