文字サイズ

【オークス馬体診断】リアアメリア

 「オークス・G1」(24日・東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の吉田順一(栗東)、石堂道生(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【リアアメリア 評価A】

 4カ月ぶりの桜花賞は細身のフォルム。ケイコでは切れ切れの動きを見せ、仕上がり過ぎを心配するぐらいだったが、当日の馬体重は4キロ減。多少気負っていたことからもその可能性は否定できない。

 今回は坂路を多用しゆったりした調整過程。馬体は膨らみ、別馬の様な姿形になっている。週末、当週追い+長距離輸送を踏まえればちょうどいいぐらいか。

 またノーズバンドを着用していることも好作用を生み出す可能性は十分にある。あくまで折り合い次第だが、フットワークの大きさやしなやかさから舞台は合う。

(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒0-38秒7-12秒5(馬なり)。素軽いフットワークで駆け上がり、状態の良さを誇示した。気合乗りも目立ち、好気配。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス