文字サイズ

【マイルCS馬体診断】レイエンダ

 「マイルCS・G1」(17日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【レイエンダ 評価A】

 筋肉質の好馬体。薄い皮膚がさらに見栄えを良くしている。特に目立つのが肩の筋肉量。パンパンに張った盛り上がりは、顔や首が小さく見えるほど。腹回りにも無駄な肉が一切なく、あばらがうっすらと浮いている。緩かったトモも筋肉がギュッと詰まっており、まさに研ぎ澄まされた状態と言えよう。ここを目標に隙のない仕上げだ。

(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉美浦南Wで5F71秒0-41秒1-13秒6(馬なり)。単走で馬の気に任せたが、リズムは良く、フォームも滑らか。直線の勢いも素晴らしく、数字以上の切れを感じさせた。馬体もパンパンに張って、状態は前走以上だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス