文字サイズ

【マイルCS馬体診断】インディチャンプ

 「マイルCS・G1」(17日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【インディチャンプ 評価B】

 G1初挑戦の安田記念で戴冠した春のマイル王。4カ月ぶりの毎日王冠(3着)をひと叩きして、ここに駒を進めてきた。春当時に比べると馬体が細身になったように見えるが、これは脚が長くなり背が高くなったため。体長は大きく変わっておらず、さらにマイルベストの体形に変化してきた。

 前走は6キロ増の体重だったが、いくらか体つきが緩い印象で、今回は馬体に張りが増して皮膚も薄くなった。毛ヅヤも良化しており、叩かれての上積みは十分だ。まだもう一段階の成長が残っていそうな分、B評価としたが、風格が出た顔つきは好感が持てる。

(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉 栗東坂路で4F50秒3-37秒5-13秒0(馬なり)。サンライズノヴァ(5歳オープン)との併せ馬で3馬身半先着。テンから意欲的に運んで好時計。ラストも持ったままで豪快に突き放した。動きは文句なし。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス