文字サイズ

【エリザベス女王杯馬体診断】ラッキーライラック

 「エリザベス女王杯・G1」(10日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、秋の女王決定戦に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ラッキーライラック 評価A】

 前走の府中牝馬S(3着)は、16キロ増で522キロ。5カ月ぶりだったが、太め感なく仕上がっていた。夏を越して、さらに充実しているようだ。

 牝馬とは思えないほど雄大で骨量が豊かな馬体は迫力満点で、馬体はほぼ完成したと見ていいだろう。キ甲(※1)と尻の頂点が平行だが、胴長の体形をしており、適距離に幅のあるタイプ。1600~2400メートルまでならパフォーマンスは落ちない。光沢のある毛ヅヤから、ひと叩きされた効果は十分に感じられ、状態はピークに近い。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F78秒2-37秒6-12秒6(強め)。道中から速いラップを刻み、直線も前を行く僚馬を目標にしっかり攻められた。フットワークに勢いがあり、意欲的な調整ぶりに好感が持てる。

 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      馬体診断最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス