文字サイズ

【ジャパンC馬体診断】マカヒキ

 「ジャパンC・G1」(26日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【マカヒキ 評価B】

 鍛え上げられた屈強な肩の筋肉が特徴的な馬体をしている。前走時はトモに多少のたわみが見られたが、今回は解消して張りが出てきた。好調時の馬体になったと判断でき、状態だけならA評価が妥当だろう。

 ただ、3歳時に比べると馬体が完成してたくましさが増してきたが、長距離馬にしては胴が短く、首の高さも気になる。体形からベストは芝2000メートル前後の中距離に思えるので、少し評価を下げた。状態の良さで、どこまでカバーできるかがポイントになりそう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで7F94秒7-36秒4-11秒8(馬なり)。前走時よりもラストの伸び脚が良化。休み明けを2度叩かれて気配も上向いており、復調を感じる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス