文字サイズ

清水さくら、フィリピンパワーで“穴演出”に磨きかける

 【第18回】清水さくら(23)=愛知・117期=

 旅行が好きだと話す清水。最近衝撃を受けた旅行先がフィリピンのセブ島だそうだ。「高校の同級生がセブ島に住み始めたんで、行くことに決めました。いいホテルとかではなくて、友達の家に泊めてもらいました」

 高校の同級生という、最高のコーディネーターに街を案内してもらい「現地の人でなければ知らないフィリピンを体験させてもらいました。中でもフィリピン料理の安さにはびっくりです。3人でおなかいっぱい食べても日本円で400円くらいなんです。食材も日本っぽいし、思った以上においしかったです」と満足したようだ。

 マリンスポーツでは「友達の知り合いがマリンスポーツの仕事をしていて、シュノーケリングでジンベイザメに餌付けをしました」となかなかできない経験を満喫。人とのふれあいにも感動したようで「セブ島の横の島で人口も少ないから、島全体で協力し合いながら生活してるんです。みんな気さくで街を歩いていても気軽に声をかけてくれる。楽しすぎてあっという間に終わってしまった」と大満足のフィリピン旅行だったようだ。

 最近は攻撃力を武器に、穴舟券を多く演出する彼女。徐々に力を付けて勝率もアップ中だ。穴党ファンを魅了する若手の成長株・清水にこれからも注目したい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ヴィーナスレーサーの秘密最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス