文字サイズ

【ボート】尼崎G1 三井所尊春が好素性11号機をゲット 連勝発進へ快走だ

 「尼崎センプルカップ・G1」(12日開幕、尼崎)

 尼崎ボートの開設68周年記念レースが12日に開幕する。全国から集結した精鋭が17日まで熱戦を展開する。

 前検で好感触だったのは三井所尊春(41)=佐賀・88期・A1=だ。手にした11号機は2連対率40%と好素性。特訓から引き揚げての第一声は「伸びが良かった」とニヤリ。続けて「起こしも良かった」と確かな手応えを得ていた。同班で特訓した山崎裕司(広島)も「三井所さんは良かった」と証言するほどで、かなりの足とみていい。

 初日の出番は4、9R。昨年の紅白歌合戦はMISIAが大トリで、感動の歌声を披露したが、こちら尼崎ボートではMIISYO(三井所)が感動のさばきで連勝発進をもくろむ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス