文字サイズ

【函館記念展望】レイエンダが混戦を断つ

 「函館記念・G3」(19日、函館)

 ハンデ重賞らしい混戦模様だが、地力上位のレイエンダは無視できない。前走のエプソムC10着は、不良馬場に苦しんだことを考えれば参考外でいいだろう。津曲助手は「体調が良かっただけに前走の結果は残念。それでも力は上位なので、馬場が悪くならなければ好レースを期待できる」と巻き返しに手応えをつかんでいる。北海道シリーズは函館で1戦1勝、札幌で1戦1勝。洋芝適性は高く、舞台設定は文句なし。重賞2勝目のチャンスだ。

 3度目の重賞挑戦となるカウディーリョの素質も侮れない。橋本助手が「小倉や札幌で結果を出しているし、いい雰囲気で臨める」と話すように、3戦3勝の滞在競馬なら上位争いを見込める。

 トーラスジェミニはエプソムC3着↓巴賞Vとここにきて充実一途。中1週の臨戦過程も、堀内助手は「思ったより反動はなさそう。ハンデと1Fの距離延長がどうかだけど、やることは変わらないよ」と好調を維持している。ここもハナは譲らない構えだ。

 重賞2勝の実績馬ニシノデイジーは、勝浦との再コンビで復活を狙う。他にも新潟大賞典3着のプレシャスブルーや昨年の2着馬マイネルファンロン、決め手上位の牝馬ミスマンマミーアなど、ハンデ次第で上位に台頭してきそうな面々が顔をそろえた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス