文字サイズ

【ボート】徳増秀樹がSG初優勝 45歳6カ月で宮島グラチャン制覇

グランドチャンピオンを制した徳増秀樹(右は坪井康晴)
3枚

 「グランドチャンピオン・SG」(28日、宮島)

 1号艇の徳増秀樹(45)=静岡・75期・A1=が、インからコンマ05のトップSを決めて逃げ切り。8走7勝2着1回の準完全Vで、45歳6カ月でのうれしいSG初制覇を飾った。2着は2号艇の上野真之介(佐賀)が確保。菊地孝平(静岡)と峰竜太(佐賀)の3着争いは2周1Mで差した菊地に軍配が上がり、3連単は1050円の本命サイドでの決着となった。

 ようやく勲章を手にした。SGファイナル10回目の挑戦で徳増が頂点に立った。インからコンマ05のトップSを決め、危なげなく1周1Mを先取り。「きれいに掛かってくれたし、いいターンができた」と、最高のターンでライバルを突き放すと、あとは栄光のVゴールを駆け抜けるのみだった。45歳6カ月でのSG初制覇は歴代5位の年長V。「今はホッとしているし、うれしいです」と、ここまでの道程をかみ締めながら、素直に喜びを口にした。

 終わってみれば8走して7勝、2着1回の準完全V。「来る前から優勝するという強い気持ちで臨んでいたが、初日に結果が出たことがいいリズムをつくれたきっかけになった」と振り返ったように、初日の連勝の勢いを失わず、一気に頂点にまで駆け上がった。

 病気で早逝した盟友にささげるVでもあった。自身がライバルと話す同期同県で切磋琢磨した故・今坂勝広さんに触れ、「彼は僕より常にちょっと上を行っていた。僕ができたのでいずれSGは獲れたと思う。それを証明するのは僕の頑張りだけ」と話した。

 悲願のSG初制覇を果たし、「過去を振り返ったら今が最強」と一番とも言える充実期を迎えたが「今の最強をあした越えられるよう、そうなっていきたい。グランプリに毎年出られるよう、そして獲れるように頑張っていきたい」。遅咲きのヒーローの視線の先にはさらなる高みしか見えていない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス