文字サイズ

武豊、今年こそ「金」過去4年3度の2位 92年以来優勝なし…WASJ意欲燃やす

 「ワールドオールスタージョッキーズ」(24日開幕、札幌)

 今年も国内外から腕達者が集結。なかでも、シリーズ制覇に向けて武豊騎手(50)=栗東・フリー=が並々ならぬ意欲を燃やしている。過去4年で2位が3回と悔しい結果に終わっているだけに、今年こそお立ち台の一番高いところで喜びをかみ締めたいところだ。

 国内外の実力者との腕比べに胸が躍る。日本が誇る名手・武豊の眼の奥が鋭く光った。「毎年楽しみにしているし、出られるのを目標にしています。2位ばかりだから、今年こそ優勝しないとね」。今年で5年連続の参戦だが、過去4年で2位が3度。前身のワールドスーパージョッキーズシリーズでは92年に優勝はあるものの、その後はタイトルから遠ざかっている。今年にかける思いは強い。

 優勝をつかむポイントを、「一つは勝つこと。あとはC、D評価でいかに4、5着を拾えるか」と分析する。抽選の結果、第2戦のペイドメルヴェイユ(C評価)、第3戦のキタサンタイドー(A評価)と、過去に騎乗経験がある馬を引き当てた。特徴を知るパートナーとのコンビは、間違いなくプラスに働くだろう。「みんないいところを見せたいと思っている。本当に楽しみ」と声を弾ませた。

 今年は初出場の藤田菜七子ら、フレッシュな顔触れもそろう。「バラエティーに富んだメンバー。的場さんもいるし、久々に最年長じゃないと思った(笑)。女性も3人いるしね。札幌のイベントとして定着してきた」。今年で5年目となる札幌開催。名手の栄冠への執念が、北の大地を熱くする。(デイリースポーツ・大西修平)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス