文字サイズ

【若駒S】ブラヴァス厩舎の先輩に続け!友道師「勝ってマカヒキと同じ路線に」

 一戦ごとに力をつけてきたブラヴァス
1枚拡大

 「若駒S」(19日、京都)

 厩舎ゆかりの良血馬ブラヴァスが闘志を燃やしている。友道厩舎の管理馬でG1・2勝のヴィルシーナの初子で、オーナーも母と同じ元メジャーリーガーの佐々木主浩氏。中京のデビュー戦は3着に敗れたが、休養して立て直した2戦目の京都未勝利戦で勝ち上がりに成功。続く前走のエリカ賞では勝ち馬に及ばなかったものの、最速の上がり3F34秒8の末脚で2着。一戦ごとに反応も鋭くなり、徐々に力をつけてきた。

 9日の1週前追い切りでは栗東CWで武豊を背に3頭併せ。軽快な動きで古馬を追走して併入を果たした。「ダメージもなく順調に来ています」と藤本助手は好感触を伝える。

 三冠馬のディープインパクトをはじめ、厩舎の先輩である、09年皐月賞馬アンライバルド、16年のダービー馬マカヒキなど、多くのG1馬を輩出した出世レース。自然と期待は高まる。「ここを勝ってマカヒキと同じ路線に乗ってくれれば。しまいはしっかりと伸びてきているし、夏に比べて大人になった。力はもともとある馬。十分勝負になると思います」と自信を口にする。

 馬名はポルトガル語で素晴らしいの意味。ファンを魅了する華麗な走りで春のクラシックに名乗りを上げる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス