文字サイズ

シュヴァルグラン 年内で引退 佐々木オーナー明かす ヴィブロスも香港がラスト

 昨年のジャパンCを制したシュヴァルグラン
1枚拡大

 昨年のジャパンC勝ち馬シュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道)が今秋3戦で引退、種牡馬入りすることが9日、分かった。オーナーの佐々木主浩氏が明かした。京都大賞典(10月8日・京都)で始動し、ジャパンC(11月25日・東京)から有馬記念(12月23日・中山)を目指す。京都大賞典の鞍上は三浦。その後の2戦はボウマンが騎乗する。佐々木氏は「去年と同じゆったりローテでいいと思います。もう1つタイトルを獲らせたいですね。(引退後のけい養先は)先生と相談して」とコメントした。

 また、宝塚記念4着後、休養している僚馬ヴィブロス(牝5)のローテも決定。天皇賞・秋(10月28日・東京)直行からマイルCS(11月18日・京都)に参戦し、暮れの香港マイル(12月9日・シャティン)が引退レースとなる。3戦とも福永が騎乗。「頑張ってほしいですね。無事に繁殖入りを」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス