文字サイズ

【フェブラリーS】レッツゴードンキ自己ベスト49秒7!梅田師「元気いっぱい」

 岩田を背に栗東坂路で49秒台をたたき出すレッツゴードンキ
1枚拡大

 「フェブラリーS・G1」(18日、東京)

 フェブラリーSと阪急杯の両にらみのレッツゴードンキが8日、猛時計を叩き出した。栗東坂路で岩田を背に単走。最後まで力強い脚さばきで、4F49秒7-36秒2-12秒0を刻んだ。自己ベストで今週の一番時計。

 梅田師は「動きは良かった。しまいが12秒フラットで40秒台はなかなかない。元気いっぱい」と笑顔だ。「どちらに行くにしても今週はビッシリやる予定だったしね」と好感触だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス