文字サイズ

石橋脩キャリアハイ更新に確かな理由

 石橋脩騎手
1枚拡大

 スケール感が漂うオルフェーヴル産駒と挑む阪神JF。胸の高鳴りを抑えつつ、冷静に口を開いた。「初戦から継続して乗せていただく機会を与えてもらいました。頑張りたい」。石橋脩騎手(33)=美浦・フリー=が、2戦2勝のラッキーライラックと出陣する。

 今年はキャリアハイを大きく更新し、先週終了時点でJRA62勝と好調だ。「いい馬に乗せていただいているので。あとはレース全体の中で先手を取る感覚が、少しつかめてきたかなと。今までもそういうつもりで乗ってはいたのですが」。より強い意識と、それを体現する技術。築き上げてきた数字には確かな理由が存在する。

 国内トップジョッキーですら、シビアな乗り代わりが告げられる時代。多くの騎手が馬の将来を見据えつつ、一方で即座に結果が求められる難しさと格闘している。「まだ3戦目で競走生活は始まったばかり。でもいい競馬をしてあげたい」。G1制覇となれば、単勝14番人気のビートブラックで制した12年天皇賞・春以来。重圧に打ち勝った際の美酒には、きっと違った味わいがある。(デイリースポーツ・豊島俊介)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス