文字サイズ

【競輪】小林優香が大和撫子の意地見せる 来日ボイノワと「仲はいいけどライバル」

 日本勢で実力No.1の小林優香
1枚拡大

 2017年短期登録選手制度で女子選手4人が来日した。迎え撃つ日本最強は小林優香(23)=福岡・106期・L1。ガールズケイリンの通算1着率は91・3%を誇る。

 自転車競技の国際大会を通じて、来日したアナスタシア・ボイノワ(24)=ロシア=とは親しい。「年齢が近いので仲はいいですよ。ロシア人ですけど、英語で会話してます」と小林。相手の脚質も熟知し、「完全なダッシュ型。出脚がすごいですね」と分析。好位からのまくりで1着を量産する小林と似ている。

 2人は3年後の東京五輪を目指す。「仲はいいけど、ライバルですから」と小林はガールズケイリンでの対戦に闘志を燃やす。両者は29日からの広島で激突。五輪前哨戦の熱い戦いになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス